Tumblelog by Soup.io
Newer posts are loading.
You are at the newest post.
Click here to check if anything new just came in.
mr-absentia

反イスラム映画の余波

  • ベンガジでの米領事館攻撃で米国大使及び館員3名が死亡したことが確認され……オバマ大統領が強く非難しましたが、リビアのカッダーフィからの解放で(実質的に)最も大きな貢献をした米国の在リビア大使が殺されたことは、まことに悲劇的なことです。

  • 問題の映画の製作は昨夜お伝えした通り、ユダヤ系のイスラエル人でカルフォルニアの不動産業者とのことですが、映画そのものはまだ公開されておらず、その一部がユーチューブに流れただけで(要するに一部の無責任な人間の全く個人的な行動)その国の公館を攻撃するとは、まったく常軌を逸した蛮行ですが、イスラムとの関係では、昔デンマークの新聞がムハンマッド誹謗漫画を載せたということで(確かパキスタンの)大使館が焼打ちにあったりしたことがあり、欧米諸国に対しては(言論の自由との兼ね合いもあり)常に困難な問題を突きつけてきました。

  • 今やこの映画に始まる米国に対する反発は、アラブ諸国やイスラム諸国に広がる様子を見せており、当面中東ではこの問題が最大の問題にさえなりそうな気配さえ見えます。それでなくともシリア、イラク、イエメン、イラン、イスラエル等難しい問題を抱えている中東諸国にとって、今後とも最終的には最も頼りにすべき米国との関係を、このような問題でこじらせることは悲劇的であるとすら言いうると思います。

Don't be the product, buy the product!

Schweinderl