Tumblelog by Soup.io
Newer posts are loading.
You are at the newest post.
Click here to check if anything new just came in.
mr-absentia

ヨーロッパにおける急進左派の躍進

“ギリシャで、緊縮財政政策に反対する左翼政党シリザが選挙で勝利を収め、政権を掌握してから1週間後、今度はスペインの首都マドリードで、数千人の人々が街頭に繰り出し、やはり緊縮財政に反対する左派政党ポデモスを支持するデモを行ないました。ポデモスは、「この政党を支持する多数の人々が『変化のためのデモ行進』を行なうため、マドリードに集結している」と表明しています。警察の発表では、このデモの参加者は10万人に上ったということです。また、このデモはポデモスが企画した最初の大規模なデモとなりました。
ギリシャの左派政党シリザは、緊縮財政の停止を約束することにより、選挙でそれまでの2大政党を破りました。また、スペインのポデモスも、このスローガンを掲げて今年11月に行なわれる選挙に臨もうとしています。ポデモスも、シリザと同様に、経済危機からの脱出を目的とした緊縮財政の停止をモットーにし、腐敗を非難することで高い支持率を獲得しています。
ポデモスは、昨年1月にパブロ・イグレシアスにより創立されました。彼は、政治家になる前にはマドリード・コンプルテンセ大学の政治学教授を務めており、昨年5月からは欧州議会の議員を務めています。彼は、今回のデモの実施により権力を示し、また現在スペインの政治の転換期が訪れており、権力を掌握する時期が到来したと表明しています。
また、同時にアイルランドでも緊縮財政に反対する抗議デモが行なわれ、左派政党が政権を掌握する兆しが見えています”

Don't be the product, buy the product!

Schweinderl