Tumblelog by Soup.io
Newer posts are loading.
You are at the newest post.
Click here to check if anything new just came in.
mr-absentia

【comment】 「訳あって名乗れぬ者」様へ

posted to blog.goo.ne.jp (2015年5月17日):

どうも。前回のコメント投稿が去年の4月ですか!? 他人様のブログを掲示板のように使うのも気がひけますが,久々にこのページを開いて貴兄の最新投稿を読んでしまったのはなにかの縁かも,と思いますので。

私も学生時代は哲学専攻でした。高校生の頃からハイデッガーの思想に少し興味がありましたし。21世紀の今日,日本の大学では依然としてあんな思弁哲学が有難がられているのでしょうか? 私の利用している Soup は独墺やポーランドの若いユーザーが圧倒的に多いのですが,ヘーゲルだのハイデッガーだのといった思想家の名を目にすることはほぼ絶無です。ごくたまにアドルノの名前が挙がる程度。

1990年代ぐらいまでは,西洋とくに独仏系哲学が当然に普遍的世界思想であるかのような幻想がまだ生きていたかもしれませんが,こんな幻想は9月11日の貿易センタービルと共にめでたく粉砕されてしまったと私は思っています。だいたいドイツの青年ですら,あんな学問的廃墟ともいうべき書物は読んでいないのです。

私自身は非西洋世界のことをもっと広く深く知りたいと思っています。たとえば,西洋における自然科学の発達などは歴史的にみて,イスラム世界の学術の影響なしにはありえなかったことですが,今日この方面に関して科学史の研究はどのくらい深まっているのでしょう?欧米メディアで話題にのぼる「イスラム」といえば現在でも依然として「テロ」と「女性差別」に尽きている。この種の硬直しきった知によって,吾々の思想は恐ろしく狭隘な世界に幽閉されているとは思いませんか?

「哲学」ということで貴兄がどのような勉強をなさっているのか存じませんが,以上が私の思うところです。文中,お気に障る暴言があるようでしたらご容赦を。それでは。

Don't be the product, buy the product!

Schweinderl