Tumblelog by Soup.io
Newer posts are loading.
You are at the newest post.
Click here to check if anything new just came in.
mr-absentia

アメリカの通商政策に対する世界の懸念 - Pars Today

“トランプ大統領はアメリカへの外国製品の流入を妨げるために関税率を上げ、資本家や富裕層などの人々に対する税率を下げることを支持しています。トランプ大統領の目的は、投資家に対するアメリカ国内への投資の奨励であり、アメリカの雇用機会を増やすことです。また、他国に貿易協定を見直す協議を求めています。また、大統領令を発したように、すべての二国間、あるいは多国間の通商協定を見直すよう要求しています。

一方、このトランプ大統領のアプローチは、G7の先進国や、G20・20カ国の新興国の懸念を引き起こしています。トランプ大統領の新たな通商政策に注目すると、アメリカでのこれらの国の輸入品の最終価格は、大幅に上昇し、これらの国のアメリカ市場における競争力は著しく低下することになります。この問題により、アメリカの主要な経済相手国となっている国は、トランプ政権の通商政策の見直しを求めており、またドイツなどの一部の国は、この問題に関するトランプ大統領の公約が実施されれば、WTO世界貿易機関に訴えるとしています。

明らかに、トランプ大統領の輸入制限の目的は、アメリカの輸入額の減少のみならず、雇用の創出のために、アメリカ国内に投資し、工場を建てることへの、アメリカ企業に対する奨励です、こうした中、もしアメリカが保護主義政策を真剣に追求するのであれば、G7のみならず、G20の反発に直面することになります。この場合、グローバル化のプロセスは著しく後退することになります”

Don't be the product, buy the product!

Schweinderl