Tumblelog by Soup.io
Newer posts are loading.
You are at the newest post.
Click here to check if anything new just came in.

June 24 2017

mr-absentia

温暖化対策の茶番劇が破綻 パリ協定から米国が離脱

“アメリカのトランプ大統領が〔2017年6月〕1日(日本時間2日未明)、自国に不利な協定であり、自国の経済を損なうとして、地球温暖化対策の国際ルールであるパリ協定から離脱することを発表した。世界2位の温室効果ガス排出国であるアメリカが、同協定から離脱することで「協定が形骸化する」「地球環境を破壊する」と、日本のマスコミも連日多くの紙面と時間を割いて非難している。もともとアメリカのゴア元副大統領が音頭をとって仕掛けたはずのキャンペーンだが、トランプの離脱表明まできて、科学者の異なる見地を封じてきた地球温暖化・CO2主因説、またそれを大前提に巨額の資金を注ぎ込んできた温暖化対策について、正面から検証することが求められている”

June 14 2017

1526 c8cb 500
Tags: Donald Trump
Reposted frompollytipsy100 pollytipsy100 viaDeva Deva

June 12 2017

mr-absentia
mr-absentia
  • Iran brought terror attacks on itself: Trump (PressTV, Jun. 8 2017)

    “US President Donald Trump repeats baseless allegations that Iran sponsors terrorism just as it falls victim to terrorism itself.”

  • Zarif: Trump’s reaction to Iran attacks 'repugnant' (PressTV, Jun. 8 2017)

    “Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif has slammed the US president’s comments on Tehran terror attacks as ‘repugnant’ after Donald Trump pointed the finger of blame at Iran itself, in a reaction which was met with criticism even at home.”

mr-absentia

“数週間前、アメリカ軍司令部は、初めて、爆弾の母と呼ばれる強力な爆弾をアフガニスタンへの攻撃で使用しました。その後、トランプ大統領がそれを行う権限を軍に委譲していたことが明らかにされました。そして今、イラクとシリアに派遣するアメリカ部隊の上限の決定権が国防総省に委譲されることになりました。

国防総省の権限拡大を支持する人々は、敵国との戦争では、現場の司令官が実戦の場で迅速な決断を下すことが必要になり、司令部からの指示を待っていては損害を蒙る可能性があると考えています。そのため、常に、アメリカ軍の司令部は、自分たちの権限を増やすために、国防総省や政府に働きかけています。

こうした中、軍の司令官の権限拡大は、現在、数カ国で戦闘を行っているアメリカのような国にとって、軍事的な挑発行為の危険を拡大するものです。また、一部の決定の軍への委譲は、軍事作戦に関する情報伝達の可能性を縮小します。1960年代のベトナム戦争の経験は、世論の目を離れた国外での軍の介入が、アメリカにどのような悪夢をもたらすかを示しました。この経験から半世紀が経った今、アメリカの現政権は、当時と同じような道をたどっているようです。

国防総省の統計によれば、現在、アメリカは、イラクに5262人、シリアに503人の部隊を保有しているはずですが、実際の数は、それを上回ると見られています。今回の国防総省への権限委譲により、国防総省は、シリアとイラクの部隊の数を増加することができます。また、国防長官は、この2カ国におけるアメリカ軍の駐留に関する情報を機密情報とし、世論への情報伝達を混乱させることができるようになります。

このような状況に注目すると、トランプ政権は西アジアの戦争にますます巻き込まれようとしているようです”

アメリカ国防総省へのトランプ大統領の権限委譲 (Pars Today 2017年4月27日)

May 21 2017

mr-absentia

United States President Donald Trump has closed an arms deal with Saudi Arabia worth almost $110 billion, and extending up to $350 billion over 10 years.

The White House announced on Saturday the $110 billion deal will take effect immediately.

‘This package of defense equipment and services support the long-term security of Saudi Arabia and the (Persian) Gulf region in the face of Iranian threats, while also bolstering the Kingdom's ability to contribute to counter terrorism operations across the region, reducing the burden on the U.S. military to conduct those operations,’ the White House said in a statement.

Trump and Secretary of State Rex Tillerson ‘will attend a signing ceremony for the deals,’ according to a White House official.

The deal is a victory for Trump as his political pressures intensify at home due to campaign's alleged links to Russia, and the abrupt dismissal of former FBI Director James Comey.

The pact includes a $6 billion contract to assemble 150 Lockheed Martin Blackhawk helicopters in Saudi Arabia, an official statement about the deal said.

The deal also includes a $1 billion THAAD missile system and contract for four multi-mission warships worth $11.5 billion, according to an unnamed official cited in media.

Saudi Arabia is US arms dealers’ most important client and Washington’s No. 1 ally in the Middle East region.”

US-Saudi Arabia seal weapons deal worth $110 billion (PressTV, May 20 2017)

May 16 2017

mr-absentia

アメリカの通商政策に対する世界の懸念 - Pars Today

“トランプ大統領はアメリカへの外国製品の流入を妨げるために関税率を上げ、資本家や富裕層などの人々に対する税率を下げることを支持しています。トランプ大統領の目的は、投資家に対するアメリカ国内への投資の奨励であり、アメリカの雇用機会を増やすことです。また、他国に貿易協定を見直す協議を求めています。また、大統領令を発したように、すべての二国間、あるいは多国間の通商協定を見直すよう要求しています。

一方、このトランプ大統領のアプローチは、G7の先進国や、G20・20カ国の新興国の懸念を引き起こしています。トランプ大統領の新たな通商政策に注目すると、アメリカでのこれらの国の輸入品の最終価格は、大幅に上昇し、これらの国のアメリカ市場における競争力は著しく低下することになります。この問題により、アメリカの主要な経済相手国となっている国は、トランプ政権の通商政策の見直しを求めており、またドイツなどの一部の国は、この問題に関するトランプ大統領の公約が実施されれば、WTO世界貿易機関に訴えるとしています。

明らかに、トランプ大統領の輸入制限の目的は、アメリカの輸入額の減少のみならず、雇用の創出のために、アメリカ国内に投資し、工場を建てることへの、アメリカ企業に対する奨励です、こうした中、もしアメリカが保護主義政策を真剣に追求するのであれば、G7のみならず、G20の反発に直面することになります。この場合、グローバル化のプロセスは著しく後退することになります”

May 15 2017

mr-absentia

May 14 2017

mr-absentia

【soup.io】 @trump

March 03 2017

mr-absentia
Representing Iranian filmmaker Asghar Farhadi at the 89th Academy Awards

She and Firouz Naderi represented Iranian filmmaker Asghar Farhadi at the 89th Academy Awards for his film's winning in the Best Foreign Language Film category. Because of Farhadi's absence due to his opposition to President Trump's immigration ban applying to seven Muslim countries including Iran, he selected Firouz Naderi and Anoushe Ansari as his representatives at the Oscars, as both of them are successful Iranian-Americans who emigrated to the U.S.A. On February 26, 2017 they accepted the Oscar for Best Foreign Language Film for the movie The Salesman.
— en.wikipedia.org: Anousheh Ansari
Older posts are this way If this message doesn't go away, click anywhere on the page to continue loading posts.
Could not load more posts
Maybe Soup is currently being updated? I'll try again automatically in a few seconds...
Just a second, loading more posts...
You've reached the end.

Don't be the product, buy the product!

Schweinderl