Tumblelog by Soup.io
Newer posts are loading.
You are at the newest post.
Click here to check if anything new just came in.

September 12 2018

mr-absentia

World Scholars, Artists, Activists Call for Demilitarization of Okinawa – Consortiumnews

“More than one hundred scholars, peace activists and artists from around the world have issued a statement condemning the Japanese and U.S. governments’ plans to build a new base for the US Marine Corps in Northern Okinawa.”

October 10 2017

mr-absentia
スパモニの感想:普天間問題で鳥越さんが「辺野古では流血騒ぎになる」と発言。座り込みの1列目は沖縄のおじい、おばあの皆さんだが、2列目からは「県外」からの活動家がずらり。カヌーを操り、環境アセスのやぐらに登るのもプロ。この実情が報じられることは、ほぼ、ない。三里塚闘争の図式
— @ecoyuri on Twitter

June 25 2017

mr-absentia

翁長雄志知事の平和宣言 2017年6月23日

from huffingtonpost.jp:

70年目の6月23日を迎えました。私たちの郷土沖縄では、かつて史上稀に見る熾烈な地上戦が行われました。

20万人あまりの尊い命が犠牲となり、家族や友人など愛する人々を失った悲しみを、私たちは永遠に忘れることができません。それは私たち沖縄県民が、その目や耳、肌に戦のもたらす悲惨さを鮮明に記憶しているからであり、戦争の犠牲になられた方々の安らかであることを心から願い、恒久平和を切望しているからです。

戦後、私たちはこの思いを忘れることなく、復興と発展の道を力強く歩んで参りました。しかしながら国土面積の0.6%に過ぎない本県に日米安全保障体制を担う米軍専用施設の73.8%が集中し、依然として過重な基地負担が県民生活や本県の振興開発にさまざまな影響を与え続けています。

米軍再編に基づく普天間飛行場の辺野古への移設をはじめ、嘉手納飛行場より南の米軍基地の整理縮小がなされても、専用施設面積の全国に占める割合は0.7%しか縮小されず、返還時期も含め、基地負担の軽減とはほど遠いものであります。

沖縄の米軍の基地問題は我が国の安全保障の問題であり、国民全体で負担すべき重要な課題であります。特に普天間飛行場の辺野古移設については昨年の選挙で反対の民意が示されており、辺野古に新基地を作ることは困難であります。そもそも私たち県民の思いとは全く別に強制接収された「世界一危険」といわれる普天間飛行場の固定化は許されず、その危険性除去のため「辺野古に移設する。嫌なら沖縄が代替案を出しなさい」との考えは到底、県民には受け入れられるものではありません。国民の自由・平等・人権・民主主義が等しく保障されずして、平和の礎を築くことはできないのであります。

政府においては固定観念に縛られず、普天間基地を辺野古に移設する作業の中止を決断され、沖縄の基地負担を軽減する政策を再度見直されることを強く求めます。一方、私たちを取り巻く世界情勢は地域紛争やテロ、差別や貧困が基となり、多くの人が命を落としたり、人間としての尊厳が蹂躙されるなど、悲劇が今なお繰り返されています。このような現実にしっかりと向き合い、平和を脅かすさまざまな問題を解決するには、一人一人が積極的に平和を求める強い意志を持つことが重要であります。

戦後70年を迎えてアジアの国々を繋ぐ架け橋として活躍した先人たちの万国津梁(しんりょう)の精神を胸に刻み、これからも私たちはアジア太平洋地域の発展と平和の実現に向けて、努力して参ります。未来を担う子や孫のために誇りある豊かさをつくりあげ、時を超えていつまでも子供たちの笑顔が絶えない豊かな沖縄を目指します。慰霊の日にあたり、戦没者の御霊に心から哀悼の誠を捧げるとともに、沖縄が恒久平和の発信地として輝かしい未来の構築に向けて全力で取り組んでいく決意を、ここに表明します。

June 04 2017

mr-absentia

瀬長島 Senaga Island, Okinawa.

Tags: Okinawa
Reposted bytravelling-without-movingLew-i-wilkKawaiiNamidainspirationsfoodforsoulasylopathDzessikamkejtsurprisemesensationafterallbanshenezavisanlemkoveviolethillZakochanabezsercasgrialux3persona-non-gratashitsuriSecret-Obsessionlemkove

June 20 2015

mr-absentia

japanesefoodlover: Okinawa soba with freshly caught Japanese Tiger prawns

Reposted byjapanicamolotovcupcakeschaafriceballBanani

May 19 2015

mr-absentia

US Marine Osprey crash in Hawaii sparks concern in Okinawa

from scmp.com (May 19 2015):

The deadly crash of a US Marine Corps MV-22 Osprey aircraft in Hawaii at the weekend sparked further concern in Okinawa yesterday over the safety of the tilt-rotor aircraft, 24 of which have been deployed at a marine base on the Japanese island prefecture.

"I've renewed my sense of fear that we don't know when an Osprey flying overhead might go down in a residential area," said Chieko Oshiro, a 61-year-old resident near the marines' Futenma Air Station in Ginowan on Okinawa's main island.

Hiroshi Ashitomi, the co-leader of a civic group opposed to the relocation of the marine air base to a coastal area of Nago on the same island, called the aircraft "defective", and said they should not be deployed anywhere in Japan.

In Tokyo, Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga said Japan had asked the United States to provide information about the crash as soon as possible.

"The government intends to steadily assert its stance to the US side that maximum care should be taken with regard to safety," Suga said.

News of the crash sent a shock wave through the Japanese Defence Ministry, coming just days after Japan and the United States announced that the US military would deploy 10 CV-22 aircraft, the air force version of the Osprey, at Yokota Air Base in a Tokyo suburb beginning in 2017.

"The crash occurred at the worst possible time," a senior ministry official said.

The crash also comes just over a week before Okinawa Governor Takeshi Onaga plans to visit Hawaii and exchange views with the Hawaii governor over base issues.

Onaga has vowed to stop the construction of a new air base off Nago's Henoko district to replace the Futenma base.

  • Pentagon Stands Firm on Safety of Osprey After Fatal Hawaii Crash (NBC News, May 18 2015)

    “The V-22 Osprey, built by Boeing Co. and the Bell Helicopter unit of Textron Inc., is officially neither a chopper nor a plane. It's what's called a VTOL — a vertical takeoff and landing aircraft with short takeoff and landing capability.

    The Pentagon says the Osprey has had seven so-called hull-loss accidents with a total of 37 deaths in its history. Four of them, causing 30 of the 37 deaths, occurred during testing from 1991 to 2000. Most notable were two crashes of test flights in 2000 in which 23 Marines were killed.

    During that period, the aircraft came under intense congressional attack for its safety record and cost. But Boeing and Bell subsequently built in multiple redundant backup systems to monitor its engine and computers, and since the Osprey's official deployment in 2007, it has been a workhorse of the U.S. military in Iraq and Afghanistan. Some are in use in the U.S. earthquake relief mission in Nepal.

    The helicopter that crashed last week in Nepal, killing six Marines and two Nepalese service members, wasn't an Osprey.

    ‘I can tell you that MV-22s [the Marines' version of the Osprey] have been a very reliable aircraft,’ Capt. Alex Lim, a spokesman for the Marine Corps, told NBC station KHNL of Honolulu. ‘They're very reliable tilt-rotor aircraft.’

    Steve Warren, a senior Pentagon spokesman, told reporters Monday in Washington that ‘it's too soon to really raise questions’ about the Osprey's safety. He said there are ‘no plans to adjust our flight operations in Japan’ or anywhere else.”

May 17 2015

mr-absentia
There is a long history of incidents and alleged crimes committed by US soldiers in Okinawa. The current wave of anti-base sentiment on the island was sparked by a 1995 case, when three US marines were reported to have kidnapped and brutally raped a 12-year-old schoolgirl.

There were also less-publicized sex crime cases involving underage victims reported in 2001 and 2005, the fatal running over of a female high school student by a drunken US marine in 1998, and other crimes.
‘Okinawa without US bases’: 1000s march against foreign military presence in Japan (RT News, May 17 2015)
mr-absentia

Thousands protest US base in Japan's Okinawa (PressTV, May 17 2015)

“Organizers estimated that about 35,000 people took to the streets in Okinawa's capital, Naha, on Sunday.

The protesters also gathered at a baseball stadium in the region to oppose the presence of US Futenma airbase.

The angry demonstrators also chanted slogans against the establishment of a controversial US marine airbase in the southern Japanese island.

The massive demonstrations on Sunday aimed to pressure Japanese government to halt building work for the military base. The protesters also strongly criticized the Tokyo government that is apparently ignoring local residents.

‘The government says we are to blame that the issue has stalled for 19 years and they tell us to find an alternative place (for the base relocation). That's outrageous,’ the anti-US base mayor of Nago, Susumu Inamine, told a packed 15,000-seat baseball stadium.

‘The government is thrusting their responsibility on us,’ Inamine said at the protest rally.

Meanwhile, latest reports say a large number of people have also gathered outside Camp Schwab, the United States Marine Corps camp located in northeastern Okinawa.

Several protesters were arrested while they were trying to block the traffic into the American base.

Similar demos were also held in Henoko on Friday to mark the 43rd anniversary of Okinawa's reversion from the United States to Japan.”
Reposted byRekrut-KmolotovcupcakeschaafSirenensang

April 07 2015

mr-absentia

“1996年、沖縄県の人口の多い宜野湾市でのアメリカ軍や基地の存在に大きな反対があったため、アメリカ政府は、宜野湾市の普天間基地を閉鎖し、一部の兵士を撤退させることに同意しましたが、その条件として、沖縄の別の地域に新たな基地を建設することを挙げました。この合意は、沖縄の人々が、アメリカ軍の完全な撤退を求めていた中で締結されました。アメリカ政府は日本政府に圧力をかけ、沖縄の住民の意見を無視して、再編計画を実施しようとしています。安倍首相は、沖縄の住民の意見を無視し、アメリカとの協調を示そうとしましたが、改めて、日本のアメリカへの依存が明らかになりました。そして、移設計画を進めるため、翁長知事の作業停止の指示を無効にしようとしています。しかし、日本の人々、特に沖縄の住民は、日本の独立がアメリカによって損なわれるのをこれ以上許さないでしょう”

沖縄県知事の政府への批判 (IRIB Japanese Radio 2015年3月29日)

Tags: Okinawa Japan US

April 06 2015

mr-absentia

【解説】 IRIB Japanese Radio

  • アメリカ議会代表団と、韓国と日本の歴史問題 (2015年4月1日)

    “日本政府の正式な謝罪の問題は、安倍首相が今月末にアメリカを訪問し、アメリカ議会で演説を行うことから、注目を集めています。韓国外務省の報道官は、韓国外務大臣のアメリカ議会代表団との会談の目的として、アメリカ議会に、日本との関係改善に向けた韓国の努力を伝えることを挙げています。
    韓国はこれまで何度も、日本との関係改善について、アメリカ政府から圧力をかけられてきました。アメリカは、軍事計画の実施、特にアジアにおけるミサイル防衛システムの配備を巡り、日本と韓国の協力を必要としています。しかし、韓国は、日本との真の和解が実現するのは、日本政府が過去の歴史を心から謝罪し、そこから学んだことを示したときだとしています。韓国政府は、アメリカ政府が、このような韓国の立場を支持し、日本に圧力をかけ、正式な謝罪を促すことを期待しています。
    アメリカのマイクホンダ下院議員は、「安倍首相の議会での演説は、彼と日本にとって、旧日本軍の犯罪を謝罪し、近隣諸国をはじめとする一部の国の見方を変えるための歴史的な機会になる」と語り、韓国の期待を高めています。実際、韓国は、アメリカと日本による安倍首相のアメリカ議会での演説に向けた準備を、自分たちの要求を実現するための最高の機会と見なし、安倍首相に戦争中の日本の責任を受け入れさせるため、圧力をかけることをアメリカ政府に期待しています。アメリカ政府もまた、アジアにおいて新たな軍事戦略を実施する上での韓国の重要性と、韓国との経済協力の重要性に注目し、日本の立場を支持して、韓国の不満を招くことを望んでいません。そのため、アメリカ議会代表団の韓国訪問、そしてその中での日本との歴史問題に関する話し合いは、韓国政府を満足させ、今後もアメリカが、自分たちのアジアでの目的を遂げるために、韓国の可能性を利用できるようにするためのものなのです”

  • 移設問題をめぐる日本政府と沖縄県知事の対立 (2015年4月5日)

    “日本政府は、アメリカ軍の普天間基地を名護市辺野古に移設しようとしています。しかし普天間基地を撤去する代わりに、日本政府はアメリカの圧力により、1996年にアメリカ海兵隊の基地を沖縄県の沿岸地域に移設することに同意しましたが、これまで住民の反対により、移設作業は延期されています。特に米軍基地の県内移設に激しく反対する翁長知事が当選した後、米軍基地移設はより多くの問題に直面しています。それは、沖縄県の人々は翁長知事とともに、アメリカ軍の沖縄からの完全撤退を求めているためです。
    沖縄の人々は、日本駐留のアメリカ軍兵士の3分の2が沖縄に駐留することで、住民の安全と安寧が脅かされるだけでなく、沖縄の自然環境と発展に対する、深刻な損害がもたらされると考えています。一方、アメリカ軍兵士のモラルに反した行動も、沖縄県民に対する深刻な脅威とみなされています。これは、沖縄からの米軍撤退を求める住民の抗議運動が繰り返し行われる理由のひとつです。ここ1週間で、多くの日本人がアメリカ軍基地の前で集会を行い、米軍基地の県内移設に関する日本政府の決定に反対を表明しました。抗議者は翁長知事の決定を支持し、住民感情を無視する農林水産省の行動を抑圧的だと表明しました。
    林農林水産大臣は日本政府に同調し、翁長知事の辺野古移設作業停止指示を無効だとして、「長年議論されてきた移設作業の停止は、日米の軍事関係、政治関係を損なう」と語っています。菅官房長官も、移設作業の継続に同意し、林大臣の決定を中立的で日本政府の立場に沿ったものだとして、5日に行われた翁長知事との会談でも、この決定を支持しました。
    日本とアメリカの政府関係者は、およそ19年間、米軍基地の県内移設を求めてきましたが、これまで、住民の反対により、適切な代替案を見出すことができていません”

March 26 2015

mr-absentia

March 03 2015

mr-absentia

沖縄におけるアメリカ軍兵士の犯罪の継続(音声)

“日本政府はアメリカの圧力下で、名護市の沿岸付近で、アメリカ軍基地移設予定地を確保するため、演習を行っていますが、名護市の稲嶺市長は沖縄の人々に対して呼びかけを行い、彼らに沖縄の間の団結を守りながら、さまざまな方法で日本政府に自分たちの抗議の声を伝えるよう求めました。
沖縄の人々は繰り返し、何度もアメリカ海兵隊の沖縄基地への駐留に反対しています。彼らはアメリカ軍の駐留による治安の欠如や、飛行機の離着陸による限度を越えた騒音、アメリカ兵のモラルに反する行動が抗議の理由だと表明し、アメリカ軍の沖縄からの完全撤退を求めています。彼らはまた、沖縄の人々に対する権利の侵害により、強い不満を表明しており、また、アメリカの首脳陣や日本の安倍総理大臣を、彼らの要請に留意しないことから、批判しています。
アメリカは第2次世界大戦の終わりから1972年まで沖縄を占領しましたが、日本に駐留する4万7千人のアメリカ軍兵士の大部分が、いまなお沖縄の米軍基地に駐留しています。
沖縄県民の多くは、アメリカ軍基地の存在が沖縄の経済の発展を妨害していると考えています。彼らはまた、「アメリカ軍基地の受け入れと、アメリカ軍基地で働く沖縄県民の雇用のために、日本政府が沖縄に対する補助金を提供していたことから、沖縄の経済の大部分はアメリカ軍基地に依存している」と述べています。さらに、日本のアメリカ軍の施設の75%が沖縄にあるとされていることから、彼らは不満を感じており、繰り返し日本の政府に対し、この問題を解決するよう要請しているのです”

November 16 2014

mr-absentia

March 01 2014

mr-absentia

February 11 2014

mr-absentia
Several hundred people rallied Tuesday against a plan to relocate a US military base to another site on Okinawa. The protests came ahead of US Ambassador Caroline Kennedy's visit to the southern Japanese island, AP said. Okinawa is home to more than half the 47,000 American troops and their families. The ambassador will reportedly see the base relocation site during her three-day visit. Many Okinawans feel unfairly burdened by hosting many US military facilities on the island.
Hundreds rally against plan to relocate Okinawa base (RT News, Feb. 11 2014)
Reposted by02mydafsoup-01 02mydafsoup-01

January 12 2014

mr-absentia

US tested biological weapons in Japan’s Okinawa in the 60s – report — RT News

The American army conducted experiments with biological weapons aimed at destroying rice crops on the Japanese island of Okinawa in the 60s, Kyodo news agency reports. The alleged target of the tests was the China and Southeast Asia region.

Citing classified US documents, Japanese news agency Kyodo said the US military carried out experiments on their sovereign territory between 1961 and 1962. At this time Japan’s southern island of Okinawa was still under post-WWII, US jurisdiction. The US did similar tests in Taiwan and the American mainland, notes Kyodo. ...

August 09 2013

mr-absentia
現在、問題になっているのは、法的なものでも、技術や気候の問題でもありません。実際、重要なのは、アメリカが簡単に法を無視し、自分たちの法に則って、他の国に制限を行使していることです。さらにはっきりと言えば、アメリカは、外国での自分たちの利益と状況に合わせ、委任統治的な政策を行っています。冷戦時代にアメリカが、ある国に進出しても、そこに留まることには疑いの余地がありました。70年代末のアメリカのベトナムからの撤退が、そのことを物語っています。政治評論家によれば、日本は、経済的なポテンシャルを有する先進国であり、アジアの大国ですが、そのような国が、1945年の終戦以来、アメリカとの関係において、冷戦時代のアメリカの従属国のように行動しています。アメリカの拡張主義的な軍事政策に対する日本国民の抗議が無視されているのは、日本政府のアメリカとの関係のあり方に理由がありそうです。日本をアメリカの政治的な隷属国とまでは呼べないものの、日本政府の行動を見ると、日本が、アメリカのアジア政策に従う国であると解釈することができそうです。アメリカが、今回のように一方的に飛行制限を出したことは、彼らの軍事基地が日本の領土内にあることを考えると、日本国民の主権や誇りを軽視していることの表れだと言えるのではないでしょうか
沖縄でのアメリカの飛行制限に対する日本の抗議 (IRIB Japanese Radio 2013年8月9日)

April 28 2013

mr-absentia
今や沖縄TV堂々「琉球独立論」。当然。普天間基地の移転、オスプレイの配備、主権回復の日。尖閣諸島を一ミリたりとも譲らないと言う首相が、沖縄独立後押し
— 孫崎 享 (via Twitter)

November 02 2012

mr-absentia
A US serviceman reportedly entered an apartment above a bar and hit a teenage boy. The man fell from a window and was taken to hospital, local reports said. ...The incident comes as all US troops in Japan are under a night-time curfew following an alleged rape. ...the serviceman...had been drinking...The US military was ‘fully cooperating with Okinawan authorities on this investigation to ensure justice is served’, the Associated Press news agency quoted Col Brian McDaniel, vice-commander of Kadena Air Base's 18th Wing, as saying.
Japan protests to US over Okinawa 'assault' (BBC News, Nov. 2 2012)

October 21 2012

mr-absentia

【Twitter】 「東京って静かだなあ」

  • @kastin52: 東京に戻って一年経つけど、たまにふと思う。東京って静かだなあって

  • @kastin52: でもそれは東京が静かなんじゃなくて、沖縄がうるさかったんだ

  • @kastin52: 考えてみたら四六時中、何かが上空を飛んでた

Tags: Tweets Okinawa
Older posts are this way If this message doesn't go away, click anywhere on the page to continue loading posts.
Could not load more posts
Maybe Soup is currently being updated? I'll try again automatically in a few seconds...
Just a second, loading more posts...
You've reached the end.

Don't be the product, buy the product!

Schweinderl