Tumblelog by Soup.io
Newer posts are loading.
You are at the newest post.
Click here to check if anything new just came in.

August 29 2019

mr-absentia

July 24 2019

mr-absentia

July 22 2019

mr-absentia

Japan - ALS patient Yasuhiko Funago (舩後靖彦) won a seat on the Upper House in yesterday’s elections. He answered reporters’ questions with a character keyboard.

Reposted bymolotovcupcake molotovcupcake

June 14 2019

mr-absentia
Reposted bywonkopaket

October 06 2018

mr-absentia

Japanese politician in baby row thrown out again – for sucking cough drop

“A Japanese politician who was forced to leave an assembly chamber last year after her colleagues objected to the presence of her seven-month-old child has been thrown out again for speaking while eating a cough drop.

Yuka Ogata, a member of the Kumamoto city assembly in south-western Japan, was ordered to leave the chamber last Friday after she refused to apologise for the incident – a move she believes is part of a campaign to frustrate her attempts to make the council more family-friendly.

She claimed that attitudes towards her had hardened since she took her child into the assembly last November. She had earlier asked for permission to breastfeed him in the chamber, or for daycare to be provided in the assembly building for the children of councillors, staff and visitors – requests that were rejected by the council.”

“While there is no ban on eating and drinking in the chamber, Ogata’s critics claimed she had damaged the assembly’s integrity by addressing other members with a lozenge in her mouth.

‘A lot of the people have misunderstood this as an issue related to my behaviour, which is how it has been reported in the media,’ she said. ‘This is part of a struggle between me and other councillors, most of whom are older men, to make the council more relevant to the everyday lives of ordinary people.’

Ogata was speaking at the podium when the chairman, Shinya Kutsuki, asked her if she had something in her mouth. She explained that she was sucking a lozenge because she was suffering from a cold and did not want to disrupt proceedings by coughing repeatedly.

The session was suspended while assembly members voted in favour of forming an ad hoc committee to decide how to discipline her. It composed an apology and demanded that she read it out. When Ogata refused, the committee reconvened and the chamber voted to suspend her for the rest of the day. The incident held up council business for eight hours.

‘It is unacceptable for a responsible adult to ask questions with a cough drop in their mouth,’ said the mayor of Kumamoto, Kazufumi Onishi, according to Kyodo News. “She needs to admit that she was at fault.’”

September 26 2018

mr-absentia

BTSと秋元康のコラボ中止は当然! 秋元の女性蔑視や極右政権との癒着が問題にならない日本のほうがガラパゴス

“…グローバルな人気を誇るBTSと秋元康氏のコラボには、多くの人が驚いたとともに、怒りをあらわにした。

問題となったシングル「Bird/FAKE LOVE/Airplane pt.2」の情報は9月13日の朝に解禁され、そこで初めて秋元氏が関わる曲が収録されると発表されたのだが、その情報が告知されるやいなやツイッターを中心にすぐさま炎上した。

BTSのファンが秋元氏とのコラボに拒否反応を示したのにはいくつか理由がある。

ひとつはもちろん、これまでの秋元氏の仕事を見てきて感じた忌避の思いだ。〈難しいことは何も考えない 頭からっぽでいい 二足歩行が楽だしふわり軽く風船みたいに生きたいんだ〉〈女の子は可愛くなきゃね 学生時代はおバカでいい〉〈女の子は恋が仕事よ ママになるまで子供でいいそれよりも大事なことは そうスベスベのお肌を保つことでしょう?〉といった歌詞を問題視されたHKT48「アインシュタインよりディアナ・アグロン」をはじめ、本サイトでも何度も取り上げているように、秋元氏の書く歌詞は近年、女性蔑視的な内容を複数回にわたって問題にされ続けているが、その女性差別的感覚がいっこうに修正される気配はない。

そういった作家性をもつ人物がBTSの歌詞を書くことでどういった楽曲が生まれるか?ということへの懸念がある。

そして、もうひとつは、BTSの歌詞における「リアルさ」に関わる問題だ。

BTSは結成段階からアイドルグループとして企画されていたものではなく、ヒップホップグループとしてオーディションされている。そういった背景も関係して、作詞や作曲にもメンバーが積極的に関わってきた。

また、「防弾少年団」というグループの名前には「10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守り抜く」というコンセプトが含まれており、彼らの歌詞には若い世代が直面する悩みを赤裸々に歌ったものも多い。

たとえば、「No More Dream」では過酷な受験戦争に消耗して将来に夢を見出せなくなっている若者の苦悩を描き、また、「DOPE」では“三放世代”といった言葉に代表される世代間格差への憤りを歌っていたりしている。こういった内容の歌詞は、その渦中にいる若者たちの手によって書かれ、歌われるからこそ、切実な訴えとして聴衆に響く。

結局「Bird」は楽曲が公開される前にお蔵入りになってしまったため秋元氏がどのような歌詞を提供していたのかは藪の中だが、どんな内容になるにせよ、そもそも、「抑圧」を与える側の最たる存在である秋元氏が書いた言葉が、これまでBTSの楽曲にあった「リアルさ」をもち得る曲となるのかは疑問だ”

Reposted byRekrut-K Rekrut-K

July 19 2018

mr-absentia

from Ordinary Finds: Herbert Marcuse (July 19, 1898 - 1979) speaks in Frankfurt in 1972 to influence the release from prison of his former student Angela Davis.

“Marcuse’s critiques of capitalist society (especially his 1955 synthesis of Marx and Freud, Eros and Civilization, and his 1964 book One-Dimensional Man) resonated with the concerns of the student movement in the 1960s. Because of his willingness to speak at student protests, Marcuse soon became known as ‘the father of the New Left in the United States’, a term he strongly disliked and disavowed. His work heavily influenced intellectual discourse on popular culture and scholarly popular culture studies. Many radical scholars and activists were influenced by Marcuse, such as Angela Davis, Abbie Hoffman, Rudi Dutschke, and Robert M. Young. Marcuse’s 1965 essay ‘Repressive Tolerance’, in which he claimed capitalist democracies can have totalitarian aspects, has been criticized by conservatives. Marcuse argues that genuine tolerance does not tolerate support for repression, since doing so ensures that marginalized voices will remain unheard. He characterizes tolerance of repressive speech as ‘inauthentic.’ Instead, he advocates a discriminatory form of tolerance that does not allow so-called ‘repressive’ intolerance to be voiced.”

Reposted bystrzepyniedobrze

July 17 2018

mr-absentia
mr-absentia

経済下流域に押し流される圧倒的多数の国民: 植草一秀の『知られざる真実』

“日本は荒れ野と化している。

「国破れて山河あり」の状況である。

日本は「戦争をする国」に改変され、原発再稼働が全面的に推進され、圧倒的多数の国民が「新しい貧困」という下流域に押し流されている。

この日本を立て直さなければならない。

日本の再建は、選挙によって、新しい政権を樹立することによってしか成し得ない。

安倍内閣は「数の力」にすべてを委ねて暴走を続けている。

もはや国政に良識も熟議も求めることができない状況が生まれている。

事態を打開するには、選挙で勝つしかない。

その方法はただひとつ。

「共産党を含む共闘体制を構築すること」である。

敵の戦術は極めて明確だ。

反自公勢力を「共産党と共闘する勢力」と「共産党と共闘しない勢力」に分断することだ。

重要なことは「共産党と共闘しない勢力」というのが、実は自公勢力と裏でつながっているということである。

だから結論は明確なのだ。

「共産党とも共闘する勢力」の結集を実現することである”

March 20 2018

mr-absentia

November 07 2017

mr-absentia
  • @thespainreport: National poll in @elespanolcom: if a general election were held today: PP -20 PSOE +10 Podemos -26 Ciudadanos +38 Vox would get first seat.

  • @JulianAssange: Between corruption scandals and polarization over Catalonia, Spain's ruling party PP continues to fall in polls.

  • @lluisgerard: And yet they are the most voted party. Pro-155 parties gain votes and Podemos loses a lot. So, Spain will never accept a Catalan referendum

October 13 2017

mr-absentia

Japan general elections 2017 - too fishy polls.

DLn6fhxUEAAW7ka
@ShingetsuNews: Yomiuri poll is all good news for PM Abe: threat from Party of Hope fading and CDPJ gains only marginal support.

DLxn0IZVAAITp2A
@ShingetsuNews: If NHK has it right, the Party of Hope has collapsed to former Democratic Party levels of support, and PM Abe's LDP heading for landslide.

DMADJwJUEAAxMgX
@ShingetsuNews: Opposition parties all receive miserable support ratings in latest Jiji poll, with CDPJ (leader) more-or-less in line with Hope & Communists

Too fishy - yes I think so - given people’s criticism against PM Abe prevalent in social media. Former LDP politician Katsuhiko Shirakawa (白川勝彦) also raises doubt, in his latest blog post, about Japanese MSM’s extraordinary election coverage that strongly suggests LDP’s landslide victory. He says we may see surprising results in the upcoming Oct. 22 elections. Don’t be fooled by manipulation!

mr-absentia

こうなったら全部チャラにしてしまえ!

from liberal-shirakawa.net (2017年10月13日):

ひょっとすると、トンデモナイ選挙結果が出てくるぞ。世論調査を専門的に論じているあちこちのサイトに、そういう記事があるのだ。そらそうだろう。今回の選挙は、最初からおかしかった。そして、今日もまたNHKがおかしなことを大々的に言っている。「小池さん、大連列はあるんですか?」例によって、小池さんは意味不明の言葉を羅列していた。

ただでさえ、今回の選挙の候補者の確定は遅かった。自分の県の各選挙区の候補者が誰になったのか、明確に知らない人がいてもそんなにおかしくない。それがどうだ。候補者の決定と同時に、自民党・公明党の大勝利の連呼だ。今回選挙は、最初からどうも変だった。それにしても、いくら何でも調子にのり過ぎだ。

今回の解散総選挙は、最初から安倍首相に身勝手な理由で始まった。だから、次々と起こることがどこかおかしい。だから、私は、あまり小さい事に口を入れなかったのだ。ここで、最後に本気で言おう。大卓袱台ちゃぶだいがえしで、全部をチャラにしてしまおうではないか。

今日は、このくらいにしておこう。それでは、また。

October 12 2017

「今回の選挙、くだらなすぎる」 投票棄権の賛同署名を集める東浩紀さんの真意とは?

“『一般意志 2.0』を読んで、思想家としてこの人はダメだ、と思ったが、ここまでダメだとは思わなかった(ほかにもダメだ、と思った理由は幾つかあるが、ここでは省略)。

Brexitは、それがくだらないと言ってイギリスは選挙をやめたか?Trumpが大統領になってしまったが、それがくだらないと言って米国は大統領選をやめたか?結果を予見できなかった、という言い訳は通用しない。そして、選挙とはそもそも何なのか、この人は分かって話をしているのだろうか。”

【インタビュー後篇】 「今の政党には選択肢がないと思っている人たちを可視化する必要がある」東浩紀さん

Reposted frompdl2h pdl2h

October 10 2017

mr-absentia

July 27 2017

mr-absentia

New details about Moritomo land sale emerge - News - NHK WORLD - English

Moritomo land sale scandal - allegation that the Abe government sold state-owned land in Osaka to the Moritomo Gakuen school corporation deliberately at an illegally huge discount. If the allegation were a fact, the officials who took part in the negotiations would be held accountable for malfeasance under Japan’s criminal law. Many people in Japan heard yesterday’s NHK revelation, which suggests an extraordinary discount was done on government’s initiative, and became convinced that wrongdoing by the officials is unquestionable.

Yasunori Kagoike, former president of Moritomo Gakuen, is an admirer of PM Abe; in addition, Abe’s wife Akie was once given the status of honorary headmaster of the elementary school that Moritomo built on the land bought from the government. Though PM Abe denies any wrongdoing, people have a strong suspicion that Abe and his wife are behind the incident.

Recently the Abe administration appointed Nobuhisa Sagawa, the Finance Ministry bureaucrat who defended the government from the Moritomo allegation with his testimony before the Diet, as chief of the National Tax Agency. This move triggered public anger - Abe rewarded a subservient official with higher position!

mr-absentia

【阿修羅】 近畿財務局と森友学園 売却価格めぐる協議内容判明

“はい。NHKようやくこれを報道しました。これが籠池のオッサンがずーっというてたこと。近畿財務局、背任やねんて”

“この場で財務局の担当者はいくらまでなら支払えるのか購入できる金額の上限を尋ね、学園の弁護士は当時の財務状況を基におよそ1億6000万円と答えたということです”

“このニュースのポイント①:16年3月24日の近畿財務局と森友学園の交渉で、「国が指し値を言ってきた」ということ。無茶苦茶やろ?”

“このニュースのポイント②:で、「16年3月24日の近畿財務局と森友の交渉で国が指し値で言ってきた」ってのは、僕も各社もあちこちで書いてたこと。この報道は「その裏がとれた」って報道。でそこが重要。なぜ重要か”

“このニュースのポイント③:16年3月24日の近畿財務局と森友学園の交渉の「裏」がとれてるってことは、論理的に考えて「財務省側の証言がとれた」ってこと。つまり、財務省からも「政権に不利な情報のリーク」が始まったってこと”

“で、NHKが「土地取引では近畿財務局の背任が濃厚」と報道をした以上、ガサ入れて聴取すんのが「籠池のおっさんだけ」やったら片落ちやわな。そんなかっこの悪いことせんよね? 大阪地検特捜部はそんなことせんはず。近財も強制捜査するよね? ね? ね?”

— @noiehoie on Twitter

mr-absentia

“大阪の学校法人「森友学園」に国有地が8億円余り値引きされて売却された問題で、去年3月に近畿財務局と学園側との間で売却価格をめぐって行われた協議の内容が初めて明らかになりました。関係者によりますと、財務局は学園側にいくらまでなら支払えるのか尋ね、学園側は上限としておよそ1億6000万円という金額を提示していました。実際の売却価格は学園側の提示を下回る金額に設定されていて、大阪地検特捜部は詳しい経緯を調べています。

去年6月、近畿財務局は大阪・豊中市の国有地についておよそ9億5500万円だった鑑定価格から地中のゴミの撤去費用などとしておよそ8億2000万円を値引きして森友学園に売却していました。

この売却価格をめぐって学園との間でどのような協議が行われたのか、これまで財務省や財務局は「記録を廃棄した」などとして説明してきませんでしたが、協議の詳しい内容が関係者への取材で初めて明らかになりました。

森友学園の籠池前理事長は去年3月11日に国から借りていた国有地で地中から新たなゴミが見つかったため、建設中の小学校の開校時期が遅れることを心配し国有地の買い取りを希望したということです。

関係者によりますと、3月24日、籠池前理事長から交渉を一任された学園の当時の弁護士が財務局に対して土地の買い取りを初めて打診し、この日のうちに双方が具体的な金額を出して協議していたことがわかりました。

この場で財務局の担当者はいくらまでなら支払えるのか購入できる金額の上限を尋ね、学園の弁護士は当時の財務状況を基におよそ1億6000万円と答えたということです。

一方、財務局の担当者は国有地の土壌改良工事で国がおよそ1億3200万円を負担する予定であることを理由にこれを上回る価格でなければ売れないなどと事情を説明したということです。

この協議の6日後の3月30日、財務局はゴミの撤去費用の見積もりを民間業者ではなく国有地を管理している大阪航空局に依頼するという異例の対応を取り、値引き額はおよそ8億2000万円と決まりました。

この結果、学園側への売却価格は1億3400万円となり、3月24日の協議で財務局と学園の双方が示した金額の範囲内に収まる形となりました。

この問題をめぐって、大阪地検特捜部は、近畿財務局が大幅な値引きによって国に損害を与えたとする市民グループからの背任容疑での告発を受理しています。特捜部は財務局の担当者から任意で事情を聴いて売却価格が決まった詳しいいきさつについて調べを進めています。

近畿財務局と森友学園の協議の内容について、財務省はNHKの取材に対して「承知していない。事前に具体的な数字をもって金額の交渉をすることは考えられない」とコメントしています。

去年3月から売却契約までの経緯

去年3月11日、森友学園が国から借りて小学校の建設を進めていた大阪・豊中市の国有地で大きな問題が生じました。基礎工事の最中に地中から新たなゴミが見つかったのです。

3月14日、現地に籠池泰典前理事長や工事関係者、それに近畿財務局や大阪航空局の担当者が集まって対策を協議しましたが、結論は出ませんでした。

籠池前理事長は、翌15日に妻の諄子氏とともに東京・霞が関の財務省に出向いて理財局の田村前国有財産審理室長と面会し、迅速な対応を取るよう求めました。この面会のやり取りは籠池前理事長が録音していて、近畿財務局の対応が悪いと籠池夫妻が強い口調でなじる様子が記録されています。

この場で田村前室長は、近畿財務局が責任を持って対応すると伝えましたが、関係者によりますと、籠池前理事長は、財務局の動きが鈍いと感じていたということです。

近畿財務局は、対策を検討するためにはまずゴミがどの程度あるのかを確認する調査が必要だという考えだったということです。その一方で、当時は年度末だったため土地の貸し主の大阪航空局に予算がなく、新年度にならないと調査を行うのは難しいとも伝えていたということです。

籠池前理事長は、このまま国に任せていたらすでに1年予定を延ばしていた開校の時期がさらに遅れてしまうと焦りを感じ、土地を買い取ることで事態を打開できないかと考えたということです。そして土地のトラブルなどの問題に詳しい弁護士に相談し、国有地の買い取り交渉を一任したということです。

3月24日、籠池前理事長から財務局との交渉を一任された学園の当時の弁護士が近畿財務局に対し、土地の買い取りを初めて打診しました。今回、明らかになったのはこの日の協議の内容で、関係者によりますと、財務局の担当者が学園側にいくらまでなら支払えるのか購入できる金額の上限を尋ねるなど具体的な額を出して話し合いが行われたということです。

6日後の3月30日、近畿財務局は、地中のゴミの撤去・処分費用の見積もりを豊中市の国有地を管理している大阪航空局に依頼するという異例の対応を取りました。こうした見積もりは通常、公正さを保つために民間業者に委託しますが、航空局に依頼したことで、国会の論戦では恣意的(しいてき)な見積もりが行われたのではないかとの指摘が野党から出ています。

大阪航空局は、2週間後の4月14日、ゴミの撤去などの費用をおよそ8億2000万円と算出し財務局に伝えました。財務局は、このあと民間の不動産鑑定士に土地の評価を依頼し、およそ9億5500万円という鑑定価格の報告を受けました。

そして6月1日、航空局が見積もったゴミの撤去費用およそ8億2000万円を差し引いた1億3400万円を売却価格として学園の弁護士に提示しました。

籠池前理事長は、弁護士から伝えられた売却価格が想定していたよりもはるかに安いと驚いたということで、国会の証人喚問では「神風が吹いた」と表現しました。

そして6月20日、学園は財務局が提示した売却価格を受け入れて、契約を結びました。

財務省のこれまでの説明

国有地の売却をめぐる森友学園との協議について、財務省は、売却価格を決める前に具体的な金額を出しての交渉はしていないと強調してきました。

国有財産の売却手続きでは、相手の意向や経済的な事情に沿って価格が設定されたという疑念を持たれないよう、価格が決まる前に国有財産の購入希望者との間で金額交渉が行われることは通常ありません。

財務省の佐川前理財局長は、5月18日の参議院財政金融委員会で、野党の議員から事前に金額交渉があったのではないかと質問された際、「先方に、あらかじめ価格について申し上げることはございませんとずっと答弁してきているところです」と答えるなど、国会では具体的な金額を出しての学園との協議を一貫して否定していました”

— NHK: 近畿財務局と森友学園 売却価格めぐる協議内容判明 (via 阿修羅 2017年7月26日)

mr-absentia

NHK良識派が森友国有地不正重大情報報道: 植草一秀の『知られざる真実』

“国会では取り上げられる頻度が低下した森友疑惑であるが、本日のNHKの午後7時定時ニュースが極めて重大な事実を伝えた。

森友疑惑の核心は、時価が10億円は下らないと見られる国有地が1億3400万円の激安価格で払い下げられたという点にある。

不正廉売が事実であれば、財政法第9条に違反し、当該行政官は刑法上の「背任罪」を問われることになる。

これが問題の核心である。

私は本ブログ、メルマガで、本年2月以降、この問題を徹底追跡してきたが、そのなかで、最終的に近畿財務局と国有地払い下げの価格交渉を行ったのが森友学園の元顧問弁護士で酒井康生氏であると指摘してきた。

酒井氏が近畿財務局との折衝内容を詳細に把握していると考えられ、酒井氏を国会に招致して尋問することが重要であることも指摘してきた。

酒井氏は顧問弁護士としての守秘義務を負っているが、クライアントである森友学園の籠池泰典元理事長は、価格交渉の詳細を酒井弁護士が公開することを歓迎すると考えられるから、酒井氏は公益上の視点から事実関係を公開するべきであると思われる。

NHKは独自情報として、近畿財務局と森友学園の代理人との間で交渉を行い、実質タダとなる価格で払い下げ価格が決定されたと考えられると報じた。

森友学園が支払える金額の上限が1億6000万円でされた一方で、国が支払う土壌改良費が1億3200万円であるため、この間で払い下げ価格が決定されたとの経緯が報じられた。

こうなると、近畿財務局の行動は違法行為となる可能性が高く、佐川宣寿前財務省理財局長は国会において虚偽答弁を行った疑いが濃厚になる。

すでに大阪地検特捜部は刑事告発を受理しており、この問題が刑事事件に発展する可能性が急激に高まったと言える”

July 25 2017

mr-absentia

“見逃せないのは、安倍首相が、利害関係者である加計理事長と会食やゴルフをするだけでなく、供応まで受けていたことだ。本人が「先方が(代金を)支払うこともある」と認めている。「加計氏からの供応は大臣規範に抵触する可能性が高い」と指摘するのは、神戸学院大の上脇博之教授(憲法)だ。

大臣規範は〈国務大臣等は、国民全体の奉仕者として公共の利益のためにその職務を行い、(中略)廉潔性を保持することとする〉と規定。関係業者から供応接待を受けることを禁じている。09年に平田耕一財務副大臣(当時)が、規範抵触で辞任している。

「安倍首相は、加計氏が学校法人の理事長であることを知らないはずがありません。『関係業者』であることは明白です。会食の回数が多いこともあり、相当な金額の供応を受けた可能性もある。大臣規範に抵触する恐れがあったからこそ、1月20日に初めて知ったとゴマカしたのかもしれません。いくら分の供応を受けたのか明らかにすべきでしょう」(上脇博之教授)

「週刊文春」4月27日号によると、加計理事長はかつて「(安倍首相に)年間1億くらい出しているんだよ。あっちに遊びに行こう、飯を食べに行こうってさ」と周囲に話していたという。2人は14回も会いながら、本当に獣医学部について一言も話さなかったのか。加計理事長を国会に呼んで一つ一つ説明してもらうしかない”

— 日刊ゲンダイ: 加計氏から供応 安倍首相に“大臣規範抵触”ゴマカシ疑惑 (2017年7月25日)

Older posts are this way If this message doesn't go away, click anywhere on the page to continue loading posts.
Could not load more posts
Maybe Soup is currently being updated? I'll try again automatically in a few seconds...
Just a second, loading more posts...
You've reached the end.

Don't be the product, buy the product!

Schweinderl