Tumblelog by Soup.io
Newer posts are loading.
You are at the newest post.
Click here to check if anything new just came in.

July 24 2019

mr-absentia

October 26 2018

mr-absentia

May 12 2018

mr-absentia
4485 2157
Reposted fromsnowlake snowlake viaSkydelan Skydelan

March 22 2015

mr-absentia
個人の自我のほうから見るとまったくばかげていたり、避けたいことであったりすることも、自己のほうから見るときは、ひとつの巧妙なアレンジメントであると見えることは多い。われわれ心理療法家は、その両方の見方ができる人として、そこに存在している。そして、もっと面白いことに、ただ横に坐っているだけと思っていた、われわれ治療者自身も、そのアレンジメントの中にうまく組みこまれてしまって、右往左往させられていることに気づくことすら多いのである。自己というものは恐ろしいものである。
— 河合隼雄 「無意識の構造」
Tags: Psychology
Reposted fromdeepredwave deepredwave
mr-absentia
9832 8f19
Tags: Psychology
Reposted fromTaieri Taieri viasymultana symultana

March 21 2015

mr-absentia

“If the magic helper [some power outside an individual from which (s)he expects protection] is personified in an actual person, the disappointment that follows when he falls short of what one is expecting from this person — and since the expectation is an illusiory one, any actual person is inevitably disappointing — in addition to the resentment resulting from one’s own enslavement to that person, leads to continuous conflicts. These sometimes end only with separation, which is usually followed by the choice of another object who is expected to fulfil all hopes connected with the magic helper. If this relationship proves to be a failure too, it may be broken up again or the person involved may decide that this is just ‘life’, and resign. What he does not recognize is the fact that his failure is not essentially the result of his not having chosen the right magic person; it is the direct result of having tried to obtain by the manipulation of a magic force that which only the individual can achieve himself by his own spontaneous activity.”

“What we can observe at the kernel of every neurosis, as well as of normal development, is the struggle for freedom and independence. For many normal persons this struggle has ended in a complete giving up of their individual selves, so that they are thus well adapted and considered to be normal. The neurotic person is the one who has not given up fighting aganist complete submission, but who, at the same time, has remained bound to the figure of the magic helper, whatever form or shape ‘he’ may have assumed. His neurosis is always to be understood as an attempt, and essentially an unsuccessful one, to solve the conflict between that basic dependency and the quest for freedom.”

— Erich Fromm, Escape from Freedom, 1941

March 20 2015

mr-absentia

“Did he [sadistic person] lie when he said he loved her so much that he could not live without her? As far as love is concerned, it all depends on what one means by love. As far as his assertion goes that he could not live without her, it is — of course not taking it literally — perfectly true. He cannot live without her — or at least without someone else whom he feels to be the helpless instrument in his hands. While in such a case feelings of love appear only when the relationship threatens to be dissolved, in other cases the sadistic person manifestly ‘loves’ those over whom he feels power. Whether it is his wife, his child, an assistant, a waiter, or a begger on the street, there is a feeling of ‘love’ and even gratitude for those objects of his domination. He may think that he wishes to dominate their lives because he loves them so much. He actually ‘loves’ them because he dominates them. He bribes them with material things, with praise, assuarances of love, the display of wit and brilliance, or by showing concern. He may give them everything — everything except one thing: the right to be free and independent. This constellation is often to be found particularly in the relationship of parents and children. There, the attitude of domination — and ownership — is often covered by what seems to be the ‘natural’ concern or feeling of protectiveness for a child. The child is put into a golden cage, it can have everything provided it does not want to leave the cage. The result of this is often a profound fear of love on the part of the child when he grows up, as ‘love’ to him implies being caught and blocked in his own quest for freedom.”

“彼女なしに生きていけないといったとき,男はうそをいったのであろうか。愛についていえば,すべてはその愛とはなにを意味するかということにかかっている。彼女なしには生きていけないという言葉についていえば,文字通りではなくても,ともかく完全に真実である。かれは彼女なしには,―あるいはすくなくとも,かれの掌中にあって頼りない存在と思われるような人間なしには生きていけない。ただこの関係が破れそうなときにだけ,愛の感情があらわれる。他の場合には,サディズム的人間は,かれが支配していると感じている人間だけをきわめてはっきりと「愛し」ている。妻でも,子でも,助手でも,給仕でも,道行く乞食でも,かれの支配の対象にたいして,かれは愛の感情を,いや感謝の感情さえもっている。かれらの生活を支配するのは,かれらを愛しているからだと,かれは考えているかもわからない。事実はかれはかれらを支配しているから愛しているのだ。かれは物質的なもので,賞賛で,愛を保証することで,ウィットや光彩ある才気で,関心を示すことによって,他人を買収している。かれはあらゆるものをあたえるかもわからない―ただ一つのことをのぞいて,すなわち自由独立の権利をのぞいて。この状態はとくに両親と子どもとの関係にみられる。そこでは,服従の態度―および所有の態度は,子どもを保護するという「自然」の配慮や感情のようにみえるもので,しばしばかくされている。子どもは金のかごにいれられる。そしてそのかごからでたいということのほかは,なんでもがあたえられる。その結果,子どもが成長したとき,しばしば子どもは愛にたいして深い恐怖をもつようになる。かれにとっては,愛とは,自由を求めながら,とらえられとじこめられることを意味するからである”

— Erich Fromm, Escape from Freedom, 1941 (Japanese tranlsation by R. Hidaka, 1965)

May 22 2014

October 28 2013

Psychologists have found a strong negative correlation between shame and self-esteem. People who feel ashamed, or who are subjected to shaming experiences, tend to form chronically low opinions of themselves. Those with chronically low self-esteem tend to attribute bad outcomes to their own failures. They also tend to focus on negative information that reinforces the idea of their social unacceptability. When researchers exposed people with low self-esteem to words like unwanted, ignored, rejected, disliked, shunned, rebuffed, neglected, excluded, avoided, isolated, condemned, and disapproved, those individuals showed slower response times on a basic thinking task. The lesson echoes Du Bois. If you are constantly told that you are a problem, you eventually feel that you are a problem; and the more you feel like a problem, the more you notice negative feedback. It is harder to concentrate because you are working to manage the psychological effects of feeling ashamed. In this way, social rejection shapes experiences of the self and the world.

Melissa Harris-Perry, Sister Citizen (via brutereason)

Ouch

(via anonymous-physicist)

On the other hand, we NEED shame for some stuff or at least it would make sense to use shame. You cannot tell peopkle about their own prejudices and misbehaviour without triggering this shame and this overthinking their actions twice, lest they engage in hurtful behaviour.

Tags: Psychology
Reposted frommynnia mynnia viapowerToThePoeple powerToThePoeple

February 22 2013

mr-absentia
……人類の歴史は衝突と闘争の歴史である。個性化が一歩一歩進んでいくごとに,ひとびとは新しい不安におびやかされた。第一次的な絆〔個性化の過程によって個人が完全に解放される以前に存在する絆〕は,ひとたびたちきられると,二度と結ぶことはできない。ひとたび楽園を失えば,人間は再びそこに帰ることはできない。個別化した人間を世界に結びつけるのに,ただ一つ有効な解決方法がある。すなわちすべての人間との積極的な連帯と,愛情や仕事という自発的な行為である。それらは第一次的絆とはちがって,人間を自由な独立した個人として,再び世界に結びつける。しかし,個性化の過程をおし進めていく経済的,社会的,政治的諸条件が,いま述べたような意味での個性の実現を妨げるならば,一方ではひとびとにかつて安定をあたえてくれた絆はすでに失われているから,このズレは自由をたえがたい重荷にかえる。そうなると,自由は疑惑そのものとなり,意味と方向とを失った生活となる。こうして,たとえ自由を失っても,このような自由から逃れ,不安から救いだしてくれるような人間や外界に服従し,それらと関係を結ぼうとする,強力な傾向が生まれてくる
— エーリッヒ・フロム著,日高六郎訳『自由からの逃走』(東京創元社 1965年新版)の第2章「個人の解放と自由の多義性」より

February 19 2013

mr-absentia
……〔人間の性質に対するルターの懐疑は〕自由な思考にもとづいて,既成の見方をあえて疑うような合理的な懐疑ではなかった。それは外界にたいし不安と嫌悪の態度をとる人間の,孤独と無力とからでてくる非合理的な懐疑であった。この非合理的な懐疑は,合理的な解答によってはけっして解決されることはない。それは個人が意味ある世界の構成分子となるときにはじめて,解消することができる。もしこのようなことが起らなければ(また事実ルッターや,かれが代表していた中産階級には起らなかったのであるが),懐疑はただ沈黙させられるか,いわば地下に追いやられるかにすぎない。そしてこのことは,絶対的な確実性を約束するような信条だけのなしうることがらである。ルッターにみられるような,確実性への強烈な追求は,純粋な信仰の表現ではなく,たえられない懐疑を克服しようとする要求に根ざしている。ルッター的な解決の仕方は,いまでも多くのひとびとにみられるもので,ただかれらは神学的な言葉で考えないだけである。すなわち,かれらは孤独となった自我を取りのぞくことによって,また個人の外にある圧倒的に強力な力の道具となってしまうことによって,確実性をみつけだしている。ルッターにとっては,この力とは神であり,かれは絶対的な服従のうちに確実性を求めたのである。かれはこのようにしてその疑いをある程度沈黙させることはできたが,しかしそれはけっして本当になくなったのではなかった。かれは死ぬまで懐疑になやまされ,服従へとたえず新たに努力することによって,懐疑を克服しなければならなかった
— エーリッヒ・フロム著,日高六郎訳『自由からの逃走』(東京創元社 1965年新版)の第3章「宗教改革時代の自由」より

February 16 2013

mr-absentia
自己嫌悪にすこしも関係のない謙遜が存在するように,敵意に根ざさない純粋な良心の要求とか,純粋な義務の意識とかも存在する。この純粋な良心は,統一的なパースナリティの一部をなし,その要求に服従することは自我全体を肯定することである。しかし宗教改革以来,今日にいたるまで,宗教的な合理化や世俗的な合理化によって,近代人の生活に広くいきわたっている「義務」の意識は,多分に自己にたいする敵意にいろどられている。「良心」とは,自分自身によって,人間のなかにひきいれられた奴隷監督者にほかならない。良心は,人間が自分のものと信ずる願望や目的にしたがって行為するようにかりたてるが,その願望や目的は,じつは外部の社会的要求の内在化したものである。良心は,峻厳残酷にかれをかりたて,快楽や幸福を禁じ,かれの全生涯をなにか神秘的な罪業にたいする償いとする。それはとくに初期のカルヴィニズムや後期のピュリタニズムに特徴的な,「世俗的禁欲主義」の根底でもある
— エーリッヒ・フロム著,日高六郎訳『自由からの逃走』(東京創元社 1965年新版)の第3章「宗教改革時代の自由」より

February 12 2013

mr-absentia

The Power of Suggestion

from science in a can (Feb. 12 2013):

We’d like to believe that our thoughts and actions are entirely our own, but research by Victoria University of Wellington, Harvard Medical School and Plymouth University shows this isn’t entirely true. We perceive the world using two main channels of information: firstly our own raw sensory perceptions, such as what we can see and hear, and secondly our intricate layers of beliefs, knowledge, and expectations. We need these in order to make sense of our perceptions, but they play a bigger role in shaping our thoughts and behaviours than many people realise. By expecting a certain results, our thoughts and actions will actively help bring that result to fruition — and we falsely attribute our success or failure to those actions. For example, a student taking an exam might be wearing her lucky socks, and this simple belief may make her actively alert, experience less anxiety, and persist longer on hard questions. Suggestion is a similarly powerful phenomenon — basically, suggestion is to guide the thoughts or behaviours of some else. An example is hearing “hidden messages” in music played backwards. Listen to this Stairway to Heaven clip backwards and it will probably sound like garbled nonsense — but then check out the lyrics and listen again. Until you’re told what to hear, you don’t hear it — suggestion drastically alters the way you process incoming information. Expectation and suggestion influence an enormous range of things, from a scientist unconsciously shaping an experiment to support a particular hypothesis, to patients experiencing the placebo affect, to victims falsely identifying suspects in a line-up. Clearly, the relationship between suggestion, cognition and behaviour is crucial to understand, since researchers don’t yet know their boundaries or limitations. Especially in the scientific community, we must be aware of suggestions and expectations, and control them to avoid unintentionally biased outcomes.

November 01 2012

mr-absentia
行楽を目的とする普通の旅行では、その目的地が旅行をする人の経済・社会的な立場によって決まりますが、メッカ巡礼では、あらゆる社会階層の人々が、カアバ神殿という共通の目的地に向かって旅をするとともに、全ての巡礼者が白装束に身を包むことで、彼らの間における世俗的な優劣や違いがなくなり……巡礼者が共通の行動のもと、孤立した状態から団結した状態に変化し、人間同士の相互理解の醍醐味を味わうチャンスを、再び手にすることになります。言い換えれば、メッカ巡礼は人々が平等や四海同胞の精神、そして神秘を体験する教育の機会として捉えられるべきだといえるでしょう。困難を伴う複雑な社会生活により、現代人は生活苦に巻き込まれ、自分を見失った状態にあります。そこで、メッカ巡礼は、人間がこうした社会心理から脱却し、決まりきった日常生活から一時的に離れることで、再び自己形成や生活の建て直しをはかるヒントとなります
メッカ巡礼と精神衛生 (IRIB Japanese Radio 2012年10月27日)
Older posts are this way If this message doesn't go away, click anywhere on the page to continue loading posts.
Could not load more posts
Maybe Soup is currently being updated? I'll try again automatically in a few seconds...
Just a second, loading more posts...
You've reached the end.

Don't be the product, buy the product!

Schweinderl